日々の出来事

出張!「オレのみかん大福」





先日、地元の小学校(尾奈小)にて「オレのみかん大福」(みかん大福作り体験)をやってきました。
昨年、彼らが作ったみかんを当店にプレゼントしてくれたので、そのお礼ということで今回の機会を作ってもらったのです。
ちなみに、尾奈っ子のみかんの一部は、当店のみかん大福の原料に使わせていただきました。ありがとうございます。
みんな、白衣でバチッとキメて、気合充分!に見えました。
この時期は、青島みかんがほとんどなので、比較的大きめのみかんが多かったです。(大きいほうが難しいです。)
作業が始まると、みんな真っすぐお菓子に向き合い、「難しい」「簡単だよ」「あんこが足りない」「餅が足りない」など文句を言いながらも、まじめに取り組んでくれました。
一人ひとりの性格がお菓子にも現れ、見ていて楽しかったです。
最後は、自分が作ったみかん大福の試食会。「おいしぃ~!」とほぼ全員がご満悦の様子で、私も嬉しくなりました。
楽しい時間を過ごさせてくれました。ありがとうございました。
これを機に、地元のお菓子を身近に感じてもらえれば幸いです。
またやりたいデス!


オレのみかん大福






先日、待望の「オレのみかん大福」(みかん大福作り体験)を実施しました。
商工会の企画「奥浜名湖商店寺子屋」の一環です。
今回も多くのお申込みをいただき、にぎやかで楽しい時間を過ごせました。
昨年に比べ、大きめのみかんを持参してこられるお客様が多く感じました。
大きいほうが難しいので、少し気にしていましたが、皆さん、かなりハイクオリティな仕上がりで、びっくりでした。
見本を作る私だけ、小ぶりのつくりやすいみかんを使わせてもらいました。
すごく喜んでいただけるので、単独でもやりたいなあ、と去年から思っているのですが、きっかけがないと
なかなか実践できないもんですね。
毎年この商工会の企画には、感謝しております。
今年も充実したイベントにできました。体験してくださったお客様、関係者の皆様、ありがとうございました。


みかん大福のシューカツ



毎年この時期になると、通常の仕事とは別の、重要な任務があります。
みかん大福のシューカツ(集荷活動)です。
農家の皆様にご協力をいただき、小玉のみかんを分けていただき、みかん大福の原料にするのです。
小玉のみかんを専門に作っている農家さんなど、なかなかいないので集まりっぷりがいつも不安定で、毎度無駄に心配しております。
しかし、今年は新たに分けてくれる農家さんにも知り合えて、たくさん集めることができました。
というわけで、あとはみかん大福を存分に作るのみ!です。
年末に向けて気合入れていきます! 

和菓子教室


先日、2日間にわたり、地元湖北高校に和菓子の講師として呼んでいただきました。
学校側でも、和菓子をやったのは今回が初めてということでした。
内容は、ごく一般的な和菓子とみかん大福をしました。時間も長くとっていたので、色々欲張ってやろうと思いましたが、思ったようには進みませんでした。私のほうが勉強になりました。
そんな感じで、色々と余裕がありませんでしたが、良い経験をさせていただきました。
関係者の皆様、ありがとうございました。

取材


先日行われた、天浜路ヘルシーウォーク(三ヶ日マルシェも同時開催!)を取材しに来ていた、とびっきり静岡(静岡朝日テレビ)の皆さまが当店にも立ち寄ってくれました。
主に「まるごとみかん大福」を取材していただきました。
普通に店を営業しながらの撮影であったため。一般のお客様のいる中、臨機応変に素早く仕事をしていかれました。見ていて気持ちがいいですね。
放送予定は9月5日(水)16時45分~の静岡朝日テレビ「とびっきり静岡」デス。

棚機祭


先日、初生衣神社にて、今年で二回目となる棚機(たなばた)祭が行われました。
今回は、祈願祭をはじめ、高校生によるファッションショー、雅楽の演奏、三ヶ日マルシェと盛りだくさんンの内容でした。
当店も、「初生衣」を筆頭に「丸ごとみかん大福」や大型新人の「ナイスライスアイス」を引っさげて、祭りを楽しんできました。
浴衣のお客さんがいたのも、良かった。この場所にピッタリですね。
次回が楽しみでしょうがない!

オレのみかん大福


「東大みかん愛好会」のみなさんが、「オレのみかん大福」つくりに来店してくれました。
もちろんこの時期は、通常みかんがないので、温室みかんを買って持ってきたようです。(三ヶ日産含む、ナイス!)
みなさん、みかんに慣れているようで、見事なみかん捌きでありました。
作ったあとは、半分にカットしたりしなかったり、存分にみかん大福を楽しんでいるようでした。よかったぁ。
そして、学園祭かな?かなり奇抜なみかんイベントをやっているようでした。行きたい!
是非、三ヶ日に来て指導してほしい!
来るまでは、東大生と聞いてビビッてましたが、普通に会話できて安心しました。
さすが東大生!とあまり思わせないところがサスガなのでしょう(私がニブ過ぎなのか)。みかんを愛する少し変わった人たちでした。
楽しいひとときでした。
また来てね。



オレのみかん大福を作ろう


「オレのみかん大福」、当日の模様です。
お子様からお年寄り、そして飛び入りのお客さんまで賑やかに行うことができました。
総じてみなさんとても上手にできたと思います。
とくに、お餅の扱いは慣れないと難しいと思うんですがキレイに仕上がってました。
私がやる教室の特徴で、あんまり細かくはレクチャーしないんですが、その方がみなさんイキイキと楽しそうにやるんですね。(質問すらされないのでちょっとさみしいんですが)
今回一番感動したのが、私が説明する前からみかんをひと粒ずつに剥がして分解し、小さいのをいっぱい作ってくれた作品に出会えたことです。
「なんでオッサンの言うことを聞かなきゃいけねえんだ!」というロックなスピリットがビンビンに伝わってきました。
確かに「丸ごと使え」とは言ってないですからね。アリです。
これこそ「オレのみかん大福」の醍醐味。スバラシイですね!
想像を超えたことに出くわすと感動するもんですね。
今回もすごく楽しい「オレのみかん大福」でした。
定番にしたいなぁ。


TV取材


先日、ズミさんでお馴染みの「てっぺん静岡」(テレビ静岡)の撮影及び取材の方々が来店されました。
当店の「まるごとみかん大福」を紹介していただく予定です。
アナウンサーの室伏さんおキレイでした。
お笑い芸人兼ディレクターのMさん(二枚目の写真の渾身のVサインを繰り出してるヒト)、かなりデキる(しゃべりが)感じで素敵でした。
そういえば、「みかん工房」さんもその日に紹介されるようですよ。
というわけで7月25日(火)放送予定です。
乞うご期待!

今年もありがとうございました。


先日、地元湖北高校にて行われた文化祭の地域商店の物産展に昨年に続いて協力させていただきました。
やはり、みかん大福をメインに3種類ほどのお菓子を用意して販売してもらいました。
去年もそうでしたが、結構たくさんの数を発注してくれたので、やる前はホントに売れるのか少し心配でした。
結果、足りないくらいの盛況ぶりだったようで、ホッとしました。
そして終了後、やはり去年と同じく、使用したのれんを譲っていただきました。嬉しいデス!
遠征に行ったときに、出店者仲間に自慢してやろうと思います。
ともあれ、かかわってくれた生徒さんに先生、ありがとうございました。
のれん、大事に使わせていただきます。