日々の出来事

逆だった!



カット断面からスマイルが現れる予定だった、サプライズ饅頭の試作。
上下さかさまになってしまった。
ひっくり返してみたらそれなりに見えるけど、カットするまでわからないのでこわい!
またトライします!

彼岸花





我が家の裏庭の彼岸花が、咲き始めました。
家主と同じく、遅刻気味での登場です。(好感が持てます)
白いのも咲き始めました。

しろあん



大手亡(おおてぼう)という豆です。
インゲンマメの一種で、しろあんの原料です。
みかんなど、他の材料と合わせてみかんあんとか、〇〇あんとかにも使います。

ヒルナンデス!にでました





本日(7月5日)、ヒルナンデス!にて当店のお菓子が紹介されました。
天浜線の特集で、今回は三ヶ日町内の駅周辺をメインに放送していただきました。
とても嬉しいです!
是非是非、三ヶ日にお越しください!

夏越の祓え





6月30日、一年のちょうど半分にあたるこの日に「夏越の祓え」が行われます。
その昔、宮中では暑くなるこの時期に氷を食べて暑気払いをしていました。冷凍庫などないこの時期の氷は、
高級品であり、庶民が口にすることはできない代物でした。
そこで、氷を模したお菓子を食べて、夏バテ予防を祈願したのが「水無月」の始まりのようです。
小豆は邪気払いの意味が込められています。
というわけで、最寄りの神社で茅の輪くぐりをして、水無月を食べ、半年分の穢れを払い、残りの半年の無病息災を祈願していただきたいと思います。

おんぞ祭り







4月9日、初生衣神社にておんぞ祭が行われました。
見事に晴れ渡り、風もなく気持ちの良い一日でした。
今年はお祭りに合わせて、うぶぎぬマルシェも開催され、多くの人々でにぎわいました。
もちろん当店も、朝早くから「うぶぎぬ」をたくさん作って参戦しました。
あまり広いとは言えない神社ですが、めいっぱい敷地を使ってお店が立ち並び、活気のあるイベントになりました。 子どもたちが多くいたのが印象的で、とても良い雰囲気でした。
最後に、初生衣神社にゆかりのある品々を景品とした、お楽しみ抽選会が行われました。目玉の神社の竹林から切り出した竹で作った手筒花火のレプリカ(非売品)が非常に良い出来で、私も欲しかったです。(我々も作るのをお手伝いしました。)
絶対にご利益があるでしょう!
そして最後の最後に事件は起きました。景品として提供した当店のお菓子「うぶぎぬ」を、ウチの子どもがゲットしてきて笑いました。
充実し過ぎた一日でした。




和菓子作りの体験







浜松市の茶室松韻亭にて、季節の行事にちなんだ和菓子作りの体験が行われました。
今回は、ひな祭りのお菓子「引干切」(ひちぎり)を作りました。
台座の取っ手のような部分を、引きちぎったことからそのように呼ばれているようです。「ひきちぎり」とか「ひっちぎり」と呼ぶこともあります。
依頼を受けたときは、ちょっとハードルの高いお菓子では?と思ったのですが、参加者の皆様は想像以上に上手に作っており、(しかも
手際よく!)写真を撮ろうと思ったときには、ほとんどの人がほぼ作り終えておりました。
かなり独創的なひちぎりも見受けられ、楽しくやらせていただきました。
私も勉強になりました。
参加者の皆さま、関係者の皆さま、ありがとうございました。

取材



先日、SBSテレビのORANGEの、「くまくわダイアリー」というコーナーでお馴染みの、熊谷真実さんと桑原アナが取材で来店されました。
急な大きなニュースがなければ、28日月曜日に放映予定です。
お時間ある方は、ぜひ見てくださいね。

シューカツ



この時期の、ウチの大仕事でございます。
まるごとみかん大福に使う、原料となるみかんをかき集めることです。
ウチのお菓子につかうみかんは、市場に出せない小さなもので、管理の行き届いている三ヶ日の農家さん
から集めるのは至難の業です。
なるべく多くの農家さんに声をかけ、少しずつ分けてもらっています。
今年は収量が少ない(でも出来は良いみたい)と聞いていたので、苦戦するだろうと思っていたのですが、
何とか目標の量は達成できました。
来年も美味しいみかん大福をたくさん作れそうです。
というわけで、毎年恒例のみかん大福のための集荷活動(シューカツ)の報告でした。

オレのみかん大福











今月(11月)、数回にわたりリステル浜名湖さんにて「まるごとみかん大福づくり体験」をやらせてもらっています。日帰りのツアープランのコンテンツのひとつに入れてくれているのです。
参加者のみなさんが、各々持ってきたみかんを使ってオリジナルのお菓子を作るので、「オレのみかん大福」と私は呼んでいます。
お子さんからお年寄りまで幅広いお客様が、ツアーに参加しており、様々なみかん大福を作って楽しんでおりました。
作業自体はシンプルなものなのですが、色んな作り方をしている方がいて、私も見ていて勉強になりました。
作った後も、なぜこの形になるのか?と熱心に考察している方もいらっしゃいました。
ホテルのスタッフさんや、旅行会社のスタッフたちに助けてもらいながら、楽しくやらせてもらっています。
参加してくださったお客様、関係者の皆様、ありがとうございました。