商品紹介

お彼岸


今日からお彼岸ですね。
というわけで、一週間おはぎを販売します。
当店のおはぎは、安定のこしあんつぶあんに加え、ゴマ、きなこ、抹茶きなこの5種類のラインナップです。
是非お越しください。

お茶会



松韻亭の茶席菓子の依頼をいただきました。
春らしい、ピンクと淡いグリーンのきんとん(煉り薯蕷製)です。
「花くれない」という銘で使ってもらいました。(多分)
朝、現場は席のセッティングからリハーサルと慌ただしく、ピリピリした雰囲気が多いので、納品した後そそくさと帰ろうとしたら、
「ちょっとお席を見ていかない?」と声をかけていただき、ちょっとビックリしつつもお言葉に甘え、席に案内してもらいました。
初めて見る釜の装いでした。
「つり釜」という春に用いるセットのようです。(お点前むずかしそう…)
掛け軸も、一文字だけのものでしたが、余白のとり方の妙でしょうか、すごく広い空間を感じさせるものでした。
いろいろ見ていたら、リハーサルにも参加させてもらうことになり、一服いただいてきました。
自分でも意外なほど、気が楽で心地よい時間でした。
先生並びにスタッフの皆様、ありがとうございました。
自分の仕事にも、いい勉強になりました。




お茶会


先日(3月3日)、松韻亭にて行われたお茶会のお菓子です。
ひな祭りのためのお菓子で、「引千切」(ひちぎり)といいます。(「ひっちぎり」とか「ひきちぎり」ということもあります)
薯蕷煉りきり製です。

販売開始!


柏餅の販売を開始しました!
こしあんとつぶあんの二種類だけ先行販売です。











お稽古のお菓子


少し時間が経ってしまいましたが、お稽古のお菓子です。
山芋を使った薯蕷(じょうよ)ねりきり製です。
「唐錦(からにしき)」という銘で、さまざまに色づく山の様子を、華麗な唐織物にたとえ、三色のねりきりの茶巾絞りに仕立てたものです。
洗練された意匠で、好きなお菓子の一つです。

お茶会


10月に注文いただいたお菓子です。

お彼岸


お彼岸ですね。
というわけで、この一週間はおはぎを販売します。
毎度おなじみの、安定かつ盤石のラインナップです。
是非どうぞ。

お茶会


先日松韻亭で行われた、お茶会のお菓子です。
この時期の萩(はぎ)をイメージしたものです。
道明寺製なのですが、今回はこの生地に求肥を練り込み、少し食感を変えてみました
好評であったようで、ホッとしました。
どんどんお菓子がおいしくなる季節、より気合を入れて仕事に精を出そうと思います。

お待たせいたしました!


早い方は8月の終わりあたりから、「栗蒸し羊羹いつから?」とお問合せをいただきます。
毎度はっきりお答えできず、申し訳ありません。
三ヶ日製菓の栗蒸し羊羹は、栗の鮮度を重要視していますので、近場の市場の新栗の動きに大きく影響を受けるのです。
新鮮な栗の香りをお楽しみいただくため、いい栗が入ってくるまでお待たせしております。
というわけで、今年も栗羊羹の販売がスタートしました。
よろしくお願いします。

待望の新作


先月、鮮烈なデビューをかざった、「きみちゃんの三ヶ日甘酒」を贅沢に使用した甘酒の葛アイス、「ナイスライスアイス」です。
優しい甘味と、お米の粒の食感が独特な三ヶ日製菓ならではの、ナイスなお菓子です。
ちなみに、一番悩んだのがネーミングで、「ライスアイスナイス」と「ナイスライスアイス」、どちらにしようか死ぬほど迷いました。
そんな苦労の末、完成にこぎつけた、ナイスなスティックなのです。
是非、ご賞味ください。