日々の出来事

TV取材


先日、ズミさんでお馴染みの「てっぺん静岡」(テレビ静岡)の撮影及び取材の方々が来店されました。
当店の「まるごとみかん大福」を紹介していただく予定です。
アナウンサーの室伏さんおキレイでした。
お笑い芸人兼ディレクターのMさん(二枚目の写真の渾身のVサインを繰り出してるヒト)、かなりデキる(しゃべりが)感じで素敵でした。
そういえば、「みかん工房」さんもその日に紹介されるようですよ。
というわけで7月25日(火)放送予定です。
乞うご期待!

今年もありがとうございました。


先日、地元湖北高校にて行われた文化祭の地域商店の物産展に昨年に続いて協力させていただきました。
やはり、みかん大福をメインに3種類ほどのお菓子を用意して販売してもらいました。
去年もそうでしたが、結構たくさんの数を発注してくれたので、やる前はホントに売れるのか少し心配でした。
結果、足りないくらいの盛況ぶりだったようで、ホッとしました。
そして終了後、やはり去年と同じく、使用したのれんを譲っていただきました。嬉しいデス!
遠征に行ったときに、出店者仲間に自慢してやろうと思います。
ともあれ、かかわってくれた生徒さんに先生、ありがとうございました。
のれん、大事に使わせていただきます。

和菓子教室


松韻亭にて行われた、和菓子教室の模様です。
ここは茶道や華道のための建物なので、調理する設備などがないため、限られた条件のなかでのお菓子作りでした。
メニューはきんとん(そぼろのヤツ)と桜餅(道明寺のヤツ)です。
煉りきりやきんとんは設備がなくても比較的やりやすい(でも特殊な道具は必要)のですが、桜餅はずいぶん苦労しました。(3回くらい試作しました)
その甲斐あって、ちょっとしたイレギュラー?私のミス?はありましたが、全体では首尾よくできたのでは?と思います。
そして作った後には、自作のお菓子とお抹茶でホッコリしていただきました。さすが松韻亭!贅沢!
なぜか最後に数名の方に「一緒に写真撮ってもらっていいですか?」と、記念撮影をしていただきました。(初めてです。)
もちろんまんざらではないのですが、大した価値もないのに恐縮です。
後に大した価値になるよう精進しする!と心に強く刻みました。(期間限定にならんようきをつけます)
そんなわけで、たいへん貴重な経験をさせていただきした。
ありがとうございました。

祝!第一位



先日開催された湖北高校の文化祭の、地域の大物産展で、当店の「まるごとみかん大福」が人気投票第一位を獲得しました。
地域のビッグブランドがひしめき合うなかでの一位ということで、たいへん意味のあることだと嬉しく思っております。
もちろん生徒さん達の気合の入ったPR活動の賜物であることは、手作りのPOPからもヒシヒシと伝わってきます。(捨てるのもったないので、もらってきました)
最初は「こんなにたくさん発注してくれて大丈夫?先生。」と思っていたのですが、フタをあけてみたら、全然足りなかったという人気ぶりだったそうで、ビックリしました。
というわけで、13HRのみんな、先生、ホントにありがとう、そしてお疲れ様でした。
これからもよろしくお願いします。




遅れてマース。
粽巻くの。

ありがたいことに、柏餅とみかん大福の製造に追われ、思うように他の仕事が進まないのです。
自分で写真撮れないので、妻に頼むのですが
「自分好きだねぇ、ホントに。」と毎回言われます。
まあ否定はしないですが。
ちなみに写真は、葛製の水仙粽です。(見えてないですけど…)
一本巻くのに、葉っぱ3枚を必要とする贅沢なお菓子です。美味です。
2,3本食べるとアッという間に周りが葉っぱだらけになるので少し注意が必要です。

みかんの花


みかんの花が咲く季節になりました。
当店自慢の庭園の木でも花が咲き始めました。
やっぱりいいなぁ、みかんの木。
来店の際には、是非香りも楽しんでいってください。

みかんとあずきの可能性


かねてより妻が提唱していた、ギンギンに冷えたみかん大福inアツアツのしるこのテイスティングレポートです。

見た目からして、どんな味か全く想像できない食べ物ですが、アリかナシかで言えばアリなんですよ。(もちろん個人的に)

わりと合うんですねぇ、みかんとあずき。

食感も面白いし、温度差を口の中で感じるのも面白く、「何だこれは?」と頭の中で消化できずどんどん口にほうりこんでって、アッという間に平らげてしまいました。

みかん大福を入れたらすぐに食べないと、食感も温度差もどんどん変わっていってしまうという、ほんのひと時だけしか味わえない贅沢ではかない不思議な食べモノです。

お餅はすぐに溶けて柔らかくなる(美味)のですが、みかんはシャリシャリのまま。しること絡まったみかんは優しい甘さの中に爽やかな酸味を味わえます。

是非試していただきたい。のですが、

「何をバカなことを…」と思っていたのでなかなか実行に踏み切れず、今シーズンのしるこ販売は終了してしまいました。

来年は必ずやりたいと思います。
乞うご期待!

みかんの木


当店の駐車場わきに念願だった「みかんの木」が植わりました。
この作品は、三ケ日が好きすぎる庭師の「赤ひげ」さんによるものです。
木の周りの積み石は「三ヶ日石」を、土壁は三ヶ日の土を練り込んだ、三ヶ日感満載の力作です。
三ヶ日のお客さんには見慣れた木で、うんざりされるかもしれませんが、私どもはみかんの木に関しては全くの素人でありますので、ご指導ご鞭撻のほど、お願いします。
ちなみに、まん中へんに、写真ではわかりにくいですが、我が家の裏庭に転がってた石を置いてもらって、中にはメダカが放流してあります。
よかったらのぞいてみてください。


妻の挑戦




何の写真だか全然わからないと思いますが、妻が閃いた新作へのヒントです。(と私は思ってます)

まずブツを説明していきますと、茶色っぽいのが私がおやつで食べてた黒糖タイプの麩菓子(美味。個人的に)です。外側のがコッペパンです。
春にも柏餅をパンで挟んで食べてたような気がするんですが、より斬新なアイデアですね。全く思いつきません。
だって、そこそこパサパサしたヤツで、よりパサパサしたヤツを挟んで食べるんですよ。
見てるだけで口中に唾液がスタンバイされてきましたよ。全然足りなかったですけど。
味は不思議と悪くないですね。咀嚼する時間はかなり必要ですが…
私が持ってないモノを持ってるのは確かです。
諦めずに見守っていきたいと思います。